MENU TEL

自転車事故

自転車事故

交通事故患者様の声

自転車事故の怪我にも必要な池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)の専門治療

ただ転倒してしまっただけというような自転車事故ですと、たいしたことないだろうと思って、たとえ怪我をしてもそのままにしてしまう方も多いかと思います。しかし、数日経ってから強い痛みになってくることも少なくないので、出来るだけ早い段階で池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)にて専門治療を受けるようにしましょう。

自動車やバイクとの衝突

自転車に乗られている際に、自動車やバイクと衝突してしまうというような自転車事故ですと、もちろん大きな怪我を負うのは自転車を運転されている方です。鉄の塊とぶつかり、生身に近い状態で地面に叩きつけられて、命に関わるような重大な怪我をしてしまうことも少なくありません。まずはこうした自転車事故を起こさないようにきちんとルールやマナーを守るということが大切です。

単独での事故も多い

雨が降って地面が滑りやすいとき、夜間で周りが暗くて地面の状態が見えづらいときなど、単独で自転車事故を起こしてしまうこともあるでしょう。転倒の衝撃で身体の内部を損傷してしまっているということも考えられますので、池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)できちんと改善させていきましょう。

自転車事故による怪我の専門的治療は池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)で行っています

自転車事故はそれほどスピードが出ていないので大したことはないと侮ってはいけません。スピードが出ていなくても、ヘルメットを装着せずに走行していた場合、地面に頭を強く打ちつけてしまうこともあるのです。自転車事故でも骨折や打撲、捻挫などの怪我をすることは多いにあるのです。

自転車事故の怪我くらい大丈夫と思ってそのまま放置してしまうと、痛みがどんどんひどくなることがあります。痛みが少しでもある場合には、まずは池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)へお越し下さい。問診、触診をさせていただき問題がないかどうかしっかりと調べさせていただきます。

もしも異常がありましたら、早期治療がおすすめです。早期に痛みの原因を追究して、治療を始めることで、完治までの期間も短くてすみ、治療がスムーズに行われます。池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)では患者様の症状に合わせた治療をオーダーメイド方式で提供していきますので、何かご不明な点やご要望などございましたら、お気軽にご相談下さい。

池田・豊中・箕面・川西の池田交通事故治療センター(骨格ちょうせいLABO)は全国交通事故治療専門院にも認定されています。自転車事故の専門的治療を望むのであれば池田交通事故治療センターへご来院下さい。

アクセス

所在地〒563-0048 大阪府池田市呉服町1-1-135 サンシティ池田1F
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
¥300 / 1h
電話番号072-753-5221
休診日水曜・土曜の午後
日曜・祭日